FXの取引では様々な人によって取引スタイルが異なります。自分にあった取引スタイルを見つけましょう

自分にあったFX取引スタイル探し
長期型「スワップ」
FXの取引スタイルは大きく分けると数分程度のスキャルピング、その日のうちに完結させるデイトレ、数日~数カ月程度のスイングの3つになります。
このうち、「ポジションとかせこせこ検討するのめんどくさいなあ、ほったらかしがいいなあ」というFXトレーダーにおすすめなのが期間的にはスイングに分類されるスワップ狙いのトレードです。一般にスワップトレードと言われますね。

スワップとは2通貨間の金利差調整分のことで、ポジションを決済せず持ち越すことで調整された金利の差額を受け取ったり支払ったりします。受け取るか支払うかは「売り」か「買い」か、ポジションの方向によって異なります。スワップトレードは積極的に売買を行うのではなく、中長期ポジションを保持してその間、ひたすらスワップポイントを稼いでプラスに持っていく手法となります。それなりにまとまった資金と低レバレッジでじっくり運用していく取引方法なんですね。

おすすめの業者はスワップポイントが高い業者です。あと、南アフリカランドなど高金利通貨がある業者もおすすめですね。初心者は1000通貨で通貨量の細かい調整ができる業者もいいでしょう。中長期取引になるとポジションサイズの管理が結構難しいですからね。