FXの取引

FXの取引の仕組み

更新日:

FXとは外国為替証拠金取引のことを示す言葉です。

外国為替相場の値動きを使って利益を生み出そうとする仕組みであり、様々な国の通貨ペアの値動きの差を使って資金を運用する投資の1種です。
一般的な方法としてはFXを取り扱っている金融機関に専用の口座を開設し、その口座に証拠金を預け入れることで準備完了となります。

FXでは証拠金として預け入れた金額に対して最大で25倍のレバレッジをかけることができますので、少ない資金でも大きな運用することができるという特徴を持っています。

この仕組みを上手に使って売買をするのがFXで利益を生み出すコツであると言えるでしょう。
レバレッジを高く設定する場合には少ない資金で大きな利益を生み出すことができる一方、想定とは反対方向に為替相場が進んだ場合、預け入れた証拠金以上の損失が発生する場合もありますので注意が必要です。

少ない資金で大きな本屋ができると言う事は、運用に失敗した際のリスクも大きくなるという特徴がありますので、許容範囲内でレバレッジを設定するという考え方を持つ必要があります。

このようなリスク管理をすることができるかどうかもFXを利用するにあたって重要な観点であるといえます。

利益を出すためにシステムを知る

FXで取引できる通貨

FXでは日本円を外国の通貨に両替をして運用する外貨預金とは異なり、預け入れた証拠金をベースとして様々な通貨ペアでの取引が可能になっています。

一般的には日本円と外貨の組み合わせを利用するケースが多いですが、最初から外国の通貨同士のペアを選択することができるFX業者も存在しています。
このような通貨ペアを選択するのかについては運用する本人の希望に応じて選び分けることができます。

しかしながら人気が高いのは金利の低い日本円で金利の高い海外の通貨を購入すると言う方法です。
このポジションを持つことによって毎日金利差によるスワップポイントを得ることができます。実質的に利息をもらっているのと同じであるため、非常に魅力的であるといえます。

為替相場が円高傾向に向かっている際などにおいては一時的に外貨を得る方向からポジションを取ると言う方法も可能であり、円高局面において利益を見出せる売りポジションを持つこともできます。
これらの取引は主要国の通貨であるアメリカやカナダ、オーストラリアやニュージーランドのドルに加えて、ユーロやイギリスのポンドなどの主要国通貨が選択できるのが一般的です。

業者によっては高金利で有名な主要国以外の通貨を選択できる場合もありますので目的に応じて選び分けると良いでしょう。

-FXの取引

Copyright© 自分にあったFX取引スタイル探し , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.